×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘアカラーカタログ

ウッドベースの販売店から聞く楽器の選び方

ウッドベースを始めたいけれど、どんなものを選んだらいいんだろう?
そう思って楽器屋さんの前に行くも、途方にくれる、店員さんが話しかけづらい…。
ウッドベースはどんなものを選んだらいいのでしょうか。

 

まず、値段ですが、高いからいいと言うわけではないそう。
本当にピンからキリまで。20万円の値段の次は50万円などさまざまです。
40万円のベースが70万円のベースよりも音がよかった、ということもあるようですので、
自分で弾いてみるか、店員さんに弾いてもらうとよいでしょう。
トップ(ボディー前面)がスプール(えぞ松)
サイド(ボディー側面)、バック(ボディー後面)、ネック(竿)がメイプル(楓)、
指板がエボ二ー(黒檀)でできていますが、これらは一般的に高級木材なので、
これらの木材で作られた楽器は当然高いと言うこと。
では安いウッドベースはどんな木材を使っているかと言うとべ二ア(合板)で指板も塗料で黒く塗っています。なので音もそれなりで(低音が出ないペラペラな音)
指板も使っているうちに黒い塗装が剥げてきます。
その違いは木材の割合にあって(制作年代もある)
高い楽器程本物の木材を使用する割合が多くなります。
そこで妥協点なのですが、ある程度しっかりしたものが必要なら、
トップ材が一枚板で指板が塗装では無いものが良いとされており、大体30万〜となります。
ただ中古品ならもう少し安いものもありますので探して見るのも良いと思います。
また、中古でボディが割れたものもありますが、

ひどくなければ問題もなく、味のある音も出るようです。

 

また、選び方とは別に、ウッドベースは遠くであればあるほどよく響きます。
騒音の問題もありますので、サイレントウッドベースを最初に選ぶのも手でしょう。