×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘアカラーカタログ

骨と内臓の関係

なんとなく内臓の調子が悪い日々が続いているという人は、生活習慣や食事の内容などを見直すことが多いと思います。
もちろん食事の内容などによって内臓に負担がかかっているということもありますが、これだけではなく骨にも関係があります。
例えば骨格がゆがんでいるような場合、特に骨盤に歪みが生じていたりすると、
しっかりと内臓を支えることができずに内臓は骨盤の中に落ちてしまいます。

 

そうすると、上の臓器に圧迫されて下の臓器はどうしても苦しい状態になってしまうので、
今までは便秘になったことがない人でも便秘に悩まされるようになったり、
少し食事をしただけでも胃が痛くなってしまったりするようなことがあります。

 

この他にも体のどこかにゆがみがあると血行が妨げられるので、内臓の働きが悪くなり、
なんとなく調子が悪くなってしまうなんていうこともありますし
首ににゆがみがあると三半規管に異常が出てしまうので常に胸焼けがしていたり、吐き気があったりするようなこともあります。

 

内臓の調子が悪いと、胃薬を飲んだりしながらごまかしてしまう人がいますが、
あまりにも調子が悪い状態が続いた場合には、病気を疑うのはもちろんのこと、
それ以外にも骨について自分の骨格のゆがみが無いかどうかを確認してみると良いと思います。

 

体の検査をして病気の可能性などは全くないと言われても、骨に歪みかわあったりすれば、いつまでも辛い症状が続いてしまいます。
なかなか気がつかないことだと思いますが、骨と内臓の関係を知っておけば早い段階で改善させることができると思います。

 

整体に行くなら世田谷に良い整体があります。